TOP > スポンサー広告 > Title - 映画レビュー2013(4.5)TOP > taburis【Parallel_Queen】 > Title - 映画レビュー2013(4.5)

2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07



スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


THEME | GENRE |
スポンサー広告

COMMENT LIST

映画レビュー2013(4.5) 
あくまで全て個人の独断と偏見による感想に基づく点数なので、一意見として捉えてください。

今回は少なめということで、4.5バージョンとして(笑)

・【あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない】・・・・50点
(解説)
2011年4~6月にフジテレビ系深夜アニメ枠「ノイタミナ」で放送された全11話のオリジナルアニメーションの劇場版。 宿海仁太(じんたん)、本間芽衣子(めんま)、安城鳴子(あなる)、松雪集(ゆきあつ)、鶴見知利子(つるこ)、久川鉄道(ぽっぽ)の小学生6人は大の仲良しで、「超平和バスターズ」と名乗り、秘密基地に集まって遊ぶ楽しい日々を過ごしていた。しかし、ある夏の日、芽衣子が事故で亡くなり、残された5人の心は離れ離れになってしまう。時は流れ、高校1年生になった仁太の前に、死んだはずの芽衣子が成長した姿で現れる。その姿は仁太にしか見えず、芽衣子は超平和バスターズのみんなに願いをかなえてほしいと言うが、その願いが何であるのか芽衣子自身も思い出すことができない。離れ離れになっていた超平和バスターズは、このことをきっかけに再び集い、芽衣子の願いをかなえようとするが……。TVシリーズで描かれなかった過去の出来事や、TVシリーズ最終話から1年後の成長した仁太らの姿も描かれる。

(感想)
アニメの完全版といった感じ。アニメを見てなくて見に来る人はまあいないだろうとは思うが、アニメを見ていないとついていけないと思う。もっと完全な新作として作られるかと思いきやアニメの使い回しのシーンが多く、わざわざ劇場で見る必要性は無いと思った。ただ、内容はやっぱり感動出来るもので、アニメを含めた「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」という作品で捉えるとやはり良い作品であった。

・【ワールドウォーZ】・・・・・80点
(解説)
ブラッド・ピット主演、「007 慰めの報酬」「ネバーランド」のマーク・フォースター監督のメガホンで、マックス・ブルックスのベストセラー小説を映画化したパニック大作。突如発生した謎のウィルスが瞬く間に世界中へと広がり、各国の政府や軍隊が崩壊状態に陥る。元国連捜査官で、伝染病の調査や紛争国での調停役を務めた経験をもつジェリーは、旧知の仲の国連事務次官ティエリーに呼び出され、ワクチン開発の情報収集のため各国をめぐる調査隊に同行するよう依頼される。ジェリーは妻と娘2人を安全な国連指揮艦の空母にかくまってもらうことを条件に依頼を引き受け、ウィルスの謎を解明するため混乱する世界へ旅立つ。

(感想)
オーソドックスなゾンビパニック映画。はらはらする展開で、一応解決策というものも考えられていたので良かった。迫力を求めるなら是非映画館で見た方が良いと思う。
また、『アイアムレジェンド』のような終わり方でなくスッキリして見終わる点も非常に良かった。
スポンサーサイト


THEME | GENRE ゲーム |
taburis【Parallel_Queen】 | TB : 0 | CM : 0 -

COMMENT LIST



COMMENT



COMMENT FOAM

SECRET
 




TRACKBACK

TRACKBACK URL to this Entry



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。