TOP > スポンサー広告 > Title - 映画レビュー2013 (1)TOP > taburis【Parallel_Queen】 > Title - 映画レビュー2013 (1)

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09



スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


THEME | GENRE |
スポンサー広告

COMMENT LIST

映画レビュー2013 (1) 
※解説はコピペで、感想はあくまで個人の感想です。
・【アナザー】・・・・40点
200.jpg
(解説)
1998年春、15歳の榊原恒一は、ある地方都市の学校へ転校するが、早々に持病の発作が起こり病院へ担ぎこまれる。症状も無事に回復したある日、病院のエレベーターで眼帯をした美少女と出会った恒一は、思わず見入ってしまうが、少女は地下の霊安室で不可解な言葉を残して消えてしまった。ベストセラー作家・綾辻行人の原作小説を映画化したホラーミステリー。主演はドラマ「クローンベイビー」の山崎賢人と「告白」の橋本愛。「オトシモノ」の古澤健監督がメガホンをとる。

(感想)
ホラーとして売り出したかったのだろうけど、死ぬシーンの非現実さと安っぽさ、主人公の演技等からコメディにしか見れなかった。40点はコメディの部分。

・【ザ・グレイ】・・・・60点
grey.jpg
(解説)
「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」のジョー・カーナハン監督とリーアム・ニーソンが再タッグを組んだサバイバルアクション。石油掘削現場で働く屈強な男たちを乗せた飛行機がアラスカの荒野に墜落。生き残った7人の男たちは、極寒の地を脱出するため南を目指して歩き始める。しかし、大自然の猛威と凶暴なオオカミに襲われ、ひとりまたひとりと犠牲になっていく

(感想)
先が気になる展開で、極寒の地の表現は非常にうまかった。個人的には結末が好きなものではなかったので、あまり評価は出来なかった。こういった結末も好きな人はいると思う。

・【トータル・リコール】・・・・75点
ku.jpg
(解説)
フィリップ・K・ディックの短編小説を映画化したアーノルド・シュワルツェネッガー主演の同名SFアクションを、コリン・ファレル主演で新たに映画化。監督は「ダイ・ハード4.0」のレン・ワイズマン。戦争の果てに環境が荒廃した近未来。工場労働者のダグラス・クエイドは、退屈な日々の生活に嫌気がさし、記憶を売買するリコール社を訪れる。しかし、クエイドが新しい記憶を植えつけられようとしたとき、突然、警官隊が襲来。クエイドは思わぬ戦闘能力を発揮し、その場を逃げ切る。やがてクエイドは、現在の自分が、記憶を上書きされてダグラス・クエイドという人物になっているだけだということを知り、自分の記憶のどこまでが本物なのか、すべてを疑いながら戦いに巻き込まれていく。共演にケイト・ベッキンセール、ジェシカ・ビール。

(感想)
ストレスなくすいすい見れるアクション映画。未来感も面白く、CGも綺麗だった。見てない人は借りて見て損はないと思う。

・【崖っぷちの男】・・・・95点
gake.jpg
(解説)
「アバター」のサム・ワーシントン主演で、ある計画のため飛び降り自殺をしようと見せかける男と、その男と対峙する女性刑事の駆け引きを描いたサスペンス。30億円のダイヤモンドを強奪した罪で収監された元刑事のニックが脱獄。ニューヨーク・ルーズベルトホテル高層階から身を乗り出し飛び降りようとする。制止しようと説得する警察に対しニックは、最近の任務に失敗して後がない女性刑事リディアを唯一の交渉役として指名するが……。共演にエリザベス・バンクス、エド・ハリス、ジェイミー・ベルら。監督はドキュメンタリー出身で本作が長編デビュー作のアスガー・レス。

(感想)
設定からして面白く、脚本が練られているなと感じた。見終わったあともスッキリで、高所のアクションも現実かのように魅せられた。非常におすすめの作品。


スポンサーサイト


THEME | GENRE ゲーム |
taburis【Parallel_Queen】 | TB : 0 | CM : 0 -

COMMENT LIST



COMMENT



COMMENT FOAM

SECRET
 




TRACKBACK

TRACKBACK URL to this Entry



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。